【自然は小顔になれる】ボトックスエラ治療を詳しく解説

大きな顔を小さく見せる

看護師

施術時の注意すべき点とは

誰でも一つは自分の体の中でコンプレックスに感じている部分があるのではないでしょうか。そんなコンプレックスが顔である場合、一番人から見られる部分ですから何とか改善したいと考える人も多いはずです。顔のコンプレックスには色々ありますが、エラが張って角ばって見えることがコンプレックスとなっている人も中にはいます。顔の輪郭は骨格の問題だから削らないと改善出来ないだろうと考えている人も多くいますが、実は骨格の問題だけではなく筋肉の問題であることも多くあるでしょう。人は食べ物を食べる際に咬筋という筋肉を動かして食べていますが、エラはこの咬筋が発達することにより出っ張ってきます。通常の範囲内であればそれ程出っ張ることはありませんが、寝ている時に歯ぎしりをしているなど、無意識に咬筋を使用している場合もあるでしょう。その様な場合にどんどん咬筋が鍛えられ、エラが張った様に見えてしまう場合もあります。そこでおすすめするのがボトックス注射です。このボトックスは筋肉の動きを和らげ、徐々に薄くする効果を持っています。その為、咬筋に注入することで、動きを抑制し徐々に張っていたエラを小さくすることが出来るでしょう。注射1本で10分程度で終わるのでボトックス注射の為に仕事を休まなければいけないということもありません。何かのついでに施術を受けることも出来るので大変手軽な施術として人気を呼んでいます。施術後は徐々にボトックスの効果が現れ、張っていたエラも無くなり、すっきり細いフェイスラインをつくることが出来るでしょう。非常に手軽なボトックス注射ですが、いくつか施術を受ける上での注意点があります。ボトックス注射は副作用が少ないことで有名ですが、想像以上に効果が出てしまうと中には副作用が出てしまう人もいるでしょう。副作用としては注射後内出血が起きてしまう場合があります。ドクターも内出血が無い様に最新の注意を払って施術を行っていますが、針が血管に当たってしまうことで皮膚の中で出血してしまう場合があるでしょう。その場合、1週間程度で消える場合がほとんどです。また、内出血があってもメイクでごまかせる程度の場合が多いのでそれ程目立ちません。また、筋肉に効果が現れすぎてしまうと表情のこわばりが出てしまう場合もあるでしょう。笑った時に不自然さが出てしまうなどありますが、この場合も時間の経過と共に改善されていきます。その他に注意するべきこととして施術当日は患部をマッサージしたり強く押したりするのはやめましょう。患部が腫れている場合などマッサージをしてしまうと、余計腫れが強く出てしまう場合もあります。その為、出来るだけ患部はそっとしておくことをおすすめします。ボトックス注射は手軽な施術として人気になっていますが、中には副作用が出てしまう人もいるので、施術を受ける際は注意が必要です。施術を受けることで、気になっていたエラを小さくすることが出来、それだけで見た目の印象が大きく変わります。顔が大きいだけで全体のバランスが悪く見えてしまう場合もあり、小さくすることによりスタイル良く見せることも出来るでしょう。ぜひエラ張りが気になる方は、ドクターに相談することをおすすめします。

Back to Top